メニュー

健康ブログ~睡眠不足とweb予約制限のお話

[2023.08.29]

三重県四日市市の足立耳鼻咽喉科がお届けする健康ブログです。当ブログでは耳鼻咽喉科領域に限らず、もう少し広い視野でより快適に生活できる情報を発信します。また流行りの健康情報ではなく、基本に忠実な情報をお届けしたいと思っています。末永く宜しくお願い致します。
(専門外の病気についての詳細は、各専門科でお尋ねください)


こんにちは、健康ブログ編集長です。厳しい暑さが連日続いていますが、お変わりございませんでしょうか? 本日は健康情報と共に、当院の今抱えている課題などもお話させて頂きたいと思います。今までなかったパターンですが、最後までお付き合い下さい。


本日のテーマは、

「 日本人の睡眠、本当に大丈夫? 」

日本人の睡眠事情

世界各国と比べて日本の睡眠がかなり短いらしい・・・という話は耳にした事があるかと思いますが、データを改めて見ると驚くべき数字が出ています(NHKクローズアップ現代で5月24日に配信された記事より、抜粋させて頂いております)。

なんと、日本人の睡眠時間は先進国で最低レベルの6時間18分。寝不足による経済損失は18兆円に上るとも試算されております。

NHKクローズアップ現代5月23日配信記事より

世界最下位・・・ちょっとびっくりするレベル。睡眠時間の必要性、重要性は言うに及ばないほど誰もが知っており、身をもって体験しておられるはずですね。健康にとって非常に重要な要素である睡眠時間がこれほど低いとは改めて考えていかなくてはなりません。

とはいえ現実問題として、仕事が忙しかったり、学校や塾、習い事で帰宅が遅い方もたくさんいらっしゃると思います。帰宅後も仕事や勉強をしなくてはいけない場合もありますし、す趣味や娯楽の時間も必要ですよね。そんなこんなで結果的に就寝時間が遅くなってしまうようです。

しかしその結果、日中もずっと眠気を感じたり、居眠りをしてしまうケースもあるようです。ここで特に問題となるのは、それが成長期の子ども達にも起こっているという事です。

本来はしっかり体を動かして、しっかり食事をとって早目に寝るのが基本だと思いますが、大人と同じように夜更かしする子ども達も増えています。これでは発育途中の体や心に悪影響が出ないとも限りません。日本特有の問題を解決しないと改善出来ないでしょうし、経済的損失云々よりも実は非常に重大な問題であるのです。

詳しくはクローズアップ本文をご覧下さい。

 

睡眠不足を助長する要因と対策

さらに低学年から持つようになったスマホが、悪影響に拍車をかけています。スマホの目や脳に対する有害性は科学的に立証されていますし、様々なコンテンツやゲームなどが子どもに影響を与え、睡眠時間も削ります。そしてそのまま大人に成長し、完全に睡眠時間の短いショートスリーパー型になってしまうんですね。

また時間ばかりではなく、眠りの質にも目を向けなくてはなりません。例えば睡眠時無呼吸症候群(すいみんじむこきゅうしょうこうぐん)という病気。この病気は肥満や生活習慣などの影響で気道の狭窄が起こり、寝ている時に無呼吸状態が長い時間続く病気です。

この病気自体では命に影響はしませんが、怖い合併症(心筋梗塞、高血圧症など)を高い確率で起こし命を落とす事もあります。睡眠時間は確保しているが、なぜか眠気が取れない、体の疲れが取れない方は一度受診してみるのも手ですね。

ほんの一部しかお話出来ていませんが、健康の中の睡眠のウェイトは非常に大きいのでよく考えてみて欲しいと思います。

 

耳鼻科の宿命とweb予約制限について

今までの睡眠に関する話からガラっと変わりますが、ここからは当院のお話を少しお聞き頂ければと思います。

「常に人でいっぱい、予約が取れない!」

「診察も早めで、充分に話が出来ない」

このようなお叱りを受けることが時々ございます。これは事実無根です!と言いたいところですが、結果的に当たっています。実際に予約制限を行っていますし、診療時間もたっぷりという訳ではありません。甘んじてお叱りを受ける所存です。

ただもし弁明させて頂けるなら、少しだけ耳鼻科がどういう立ち位置なのかをお聞き下さい。

耳鼻咽喉科の特性

一般的に、耳鼻咽喉科は「内科の3倍以上の患者さんが来院される」忙しい診療科目です。

国が定めた診療報酬上も、概算ですが内科の3分の1ほどの点数になっています。なぜかと言いますと、国内科の3倍くらいは診察出来るだろう、という見解から設定されている」から。実際、まずまず流行っている耳鼻科はそのくらいの患者数になっているようです。

たしかに内科のように体の内部を見るのではなく、表面に出ている鼻や、肉眼等である程度確認出来る”のど”が対象ですので内科ほどは時間がかからないという理屈なのかも知れません。同様に皮膚科や眼科なども患者さんの数が多くなる科目です。お近くのクリニックをご覧になれば理解頂けると思います。

耳鼻科医も皮膚科医も、内科医のようにじっくり患者さんと向き合いたいと考えていますが、現実問題として難しいのが現状なのです。めまいを訴える方は内科並み(以上かも?)に時間がかかります。また発熱患者さんも多いので、感染拡大防止の意味でコロナかインフルかなど選別も必要になります。

1日の診療時間は内科であろうが、患者数の多い皮膚科や耳鼻科であろうが変わりません。持ち時間が変わらなければ、当然ながら時間当たり多くの患者さんを診ないといけなくなります。これが耳鼻科や眼科などはゆっくり診療してもらえないという口コミが多い理由でもあります。

別に当院が大変で同情して欲しいという主張ではなく、このような状況下で、多くの患者さんを診ないといけない宿命を背負っています。ですので他の耳鼻科様同様、ベルトコンベアーみたいと批判される事が多くなり、待ち時間との両立が本当に大変だと痛感しています。

スタッフの健康

もう一つ制限をする大きな理由は、スタッフの働き方と健康に関してです。

当院自慢のスタッフは、診療時間をはるかに超えても文句も言わず頑張ってくれています。これはいつも来て頂く患者さんならご覧になられていると思います。しかし患者さんが多くなればなるほど連日昼休みも少なく、帰宅も遅い。これはもう立派なブラック企業!、ご家族の方にも本当に申し訳なく思っています。

患者さんも大切ですが、スタッフも同様に大切です。医療機関に勤めているなら仕方ないのでは?という考えは違うと思いますし、患者さんと同じ人間である事を忘れないで頂きたい。前項でも述べましたが、充分な休養、充分な睡眠を確保しなくてなりません。

以上のような理由で予約制限をさせて頂いております。弁解がましくなりましたが、偽らざる気持ちですのでご理解頂けますと幸いです。

私たちも今の状況がベストとは考えておらず、どうしたら地域の患者さんに満足して頂きながら、スタッフの生活を守れるかを考えて行動していきます。もっと効率化出来ないか、もっと上手く予約が出来ないか等々、話し合いを続けております。

様々な課題を解決し、満足のいくクリニックになれるよう改善していきたいと思います。

 

まとめ

最後までお付き合い頂き、有難うございました。本日は「睡眠不足問題と、当院の予約制限の話」というテーマでお話を進めてきました。いかがでしたでしょうか?

おかげ様で多くの患者さんにお越し頂き本当に感謝する毎日ですが、反面予約制限をする事は非常に申し訳なく思います。患者さんを全員診察出来て、診療に皆満足して頂き、待ち時間も少ないクリニック実現に向けて精進致します。


それでは、また来週!

--------------------------------------

◇ 編集後記

実はこの健康ブログ、野球でいえば代打のような存在で、決してレギュラー(常時出場)ポジションではありません。にもかかわらず、人気的にはトップスリーに食い込むほど多くの方に読んで頂いております。本当に有難く、不定期になりましたが今後も続けていく所存です。

話は変わりますが、この夏はスイカが食べ足りません(笑)。食べたには食べたんですが、もっと食べたかった・・・。夏と言えばですし、水分のかたまりのような果肉が大好きです。まだ売ってはいますが、味は最盛期にはかないません。残念・・・。

来年こそは!と決意新たにした今日この頃でした(もう来年かい!)。

---------------------------------------

☆ ”いびき”が気になる方、ご家族に指摘された方は一度検査した方がいいかも?

【 CPAP(シーパップ)治療 】なら”いびき”に隠れた病気=「睡眠時無呼吸症群」を改善できます!

-----

☆ 花粉症撲滅に挑戦する!花粉症の方、必見!つらいアレルギー性鼻炎の対策を様々なご存知ですか?

(1)【シーズン直前の対策!】「初期療法」は定番中の定番! 1月下旬頃から花粉症の薬を飲み始める治療法で、シンプルですが効き目大! 

(2)【重症の方へ!】花粉症重症の方に大朗報!速効性と効果を兼ね備えた「ゾレア注」をご存知ですか? 

(3)【花粉シーズンへの備え】即効性なら、「レーザー治療」! 今年は6月頃から再開します。 

(4)【花粉症が治る!?】成功者続出の「舌下免疫療法」! 今年6月以降に再開致します。

------


専門医がお勧めする効果的な治療法ばかりです。詳しくは各ホームページ記事をご覧頂くか、事務スタッフにお問合せ下さい。

足立耳鼻咽喉科は「アレルギー性鼻炎」のトータルケアクリニックを目指しています。

足立耳鼻咽喉科 公式YouTube始めました!
病気や治療の情報はもちろん、プロ監修の美容や健康情報も合わせて発信しています。チャンネル登録を是非お願いします。


---------------------------------------

<当ブログ記事に関しての注意>

・当ブログ記事は健康全般についての情報発信を行っております。専門外に関する記事もございますので、当院に連絡を頂いてもお答え出来ない場合がございます。詳細は専門の医療機関にてお尋ね下さい。

・また当サイトの記事は、健康を保証するものではございません。ご理解・ご了承下さいます様お願い申し上げます。

---------------------------------------------

「 安心・安全で人に優しいクリニックをつくり、地域社会に幸せの循環を創る 」


1.足立耳鼻咽喉科 四日市本院:三重県四日市市羽津山7-8

2.足立耳鼻咽喉科 伏見クリニック:愛知県名古屋市中区栄1丁目2-3 プラウドタワー名古屋栄2F

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME