メニュー

レーザーを使った中耳炎治療

お子さんの治りにくい中耳炎にレーザー鼓膜開窓装置オトラム

使用する病気

  1. 滲出性の中耳炎
  2. 花粉症のレーザー治療

この2つの病気に主に用います。

どんな機械ですか?

ルミナス社が開発した、最先端のレーザー医療機器です。
重症度の高い中耳炎の患者さんに対して、鼓膜の奥に溜まった膿(うみ)や浸出液(しんしゅつえき)を出すために、オトラムで鼓膜に穴をあけます。非常に細いレーザービームをコンピューター制御でらせん状に照射し、鼓膜に正確に円形の穴を開けます。

なぜオトラムが良いのか、次の項でもう少し詳しくご説明致します。

どんな時に使うの? どういうメリットがあるの?

滲出性中耳炎

まず滲出性(しんしゅつせい)中耳炎の治療に使用します。
例を挙げますと、重症な中耳炎の患者さんの耳の中は膿(うみ)が奥の方に溜まり、パンパンになっている状態です。

通常はメスで鼓膜を切開して膿を出しますが、メスでの切開にはデメリットが多いのです。

  • メスを使う場合、どうしても病変部位以外の粘膜などを傷つけてしまうことが多く、痛みを伴う出血が数日続くことがあります。
  • メスでの切開は術創が線状になり、数日でふさがってしまう。中耳炎の治療が充分出来ないうちに、穴がふさがり再び膿が溜まってしまうのです。

オトラムを使用すると円状に穴が開き、個人差はあるものの1週間前後はふさがりません。この間に溜まった膿を出し切り、中耳炎の治療が期待できるメリットがあります。

お子様の耳と一緒にレーザーの光源が動き、”狙ったところにしかレーザーがあたりません”ので安全なのです。

またレーザーは水分に吸収されるので、鼓膜の向こうの大切な耳の神経を傷つけることもありません。

オトラムを選ぶ理由は他にもあります。

痛みが少ない!

オトラムはメスに比べて、大幅に痛みが少ないです。(それに加えて、施術するにあたり麻酔をいたします)

出血がほとんどない!

オトラムはレーザーで蒸散して穴を開けますので、出血を非常に少なくすることが可能です。出血が少ないと開口部から奥の状態が認識しやすくなり、治療には大変有効になります。

鼓膜へのダメージが少なく済む!

メスの場合、しっかりした開口部を開けるためには大きく切ることになり、鼓膜の血管などをたくさん切ってしまうことになります。これにより鼓膜にダメージを与えることにつながりますが、オトラムは正確かつ効率良く穴をあけることが出来るのです。

小さなお子さんでも手術がしやすい!

医師が鼓膜切開をしたい症例は、子供さんの場合が多いです。でもお子さんの小さな耳の中でメスを使わねばならず、じっとしていない小さなお子さんは非常に危険でした。しかしオトラムではレーザーで穴を開けますし、一瞬(わずか0.2秒!)で終わりますので安心安全に手術が出来るのです。

レーザー治療

レーザー治療のパターンをご紹介します。

  1. 次は花粉症のレーザー治療に用います。初めに診療で「事前相談」を行います。この時に「レーザー治療」に関する注意事項なども聞いて頂けます。
  2. その後「レーザー治療」の予約を別日にし、施術を受けます。
  3. 術後はカサブタがつくので、一時的に鼻づまりが悪化します。カサブタをはがす処置を行い、傷口が治っていくことで鼻づまりは改善していきます。
  4. 通常は1週間前後で再診して頂きますが、鼻づまりの程度により翌日に来られる方もみえます。
  5. 傷口が治る期間は個人差があり、多い人で5回程度、少ない人で3回程度です。

処置の方法

処置方法スプレーの麻酔でカサブタを除去し、その後麻酔(綿花にひたす)を鼻に詰め、5分ほどしてから再除去します。

麻酔はしますが、痛みを感じる場合があります。術後必要な処置ですので、ご了承下さい

 

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME