三重県四日市市の耳鼻科なら足立耳鼻咽喉科 花粉症 中耳炎 副鼻腔炎 めまい

足立耳鼻咽喉科 耳鼻咽喉科・アレルギー科・頭頸部外科 メインビジュアル

治療のご案内

難聴

難聴とは「全くきこえない状態」だけでなく「聞こえにくい状態」を含みます。
難聴の種類としては以下の3種類があります。

  1. 伝音性難聴
    中耳もしくは外耳における病気が原因で起こる難聴です。 伝音性難聴は慢性中耳炎や滲出性中耳炎といった中耳炎、耳垢栓塞、耳管狭窄症、耳硬化症などが挙げられます。
  2. 感音性難聴
    内耳から中枢の病気によるもの、年齢によるもの、遺伝による難聴です。 感音難聴は突発性難聴、騒音性難聴、メニエール病などの内耳の病気、聴神経腫瘍などの中枢の病気、年齢による老人性難聴、遺伝による家族性難聴があります。特に突発性難聴は下記のごとく早期受診が望ましい疾患です。
  3. 混合性難聴
    伝音性難聴と感音性難聴の双方の原因が重なった難聴です。老人性難聴は混合性難聴である場合が多く、人によって伝音性難聴・感音性難聴の比率は異なります。

突発性難聴

症状

突然聞こえなくなったり、耳の閉塞感を感じるようになります。自分の声や、人の声などが、耳の中で響いたり、また、耳鳴りやめまい、吐き気、嘔吐を伴うこともあります。
そして、突発性難聴は

  1. 突然発症する
  2. 原因不明である
  3. 音がほとんど聴こえない

といった3つの特徴を持っています。

治療法

突発性難聴は早期に治療すれば快方に向かう可能性のある数少ない難聴の1つです。裏返していくと治療のタイミングが遅れると、手遅れになってしまう可能性のある病気です。治療のゴールデンタイムは発症から1カ月といわれていますので、放置せず発症から1・2週間以内に治療開始できるのが望ましい疾患です。
症状が軽い場合はビタミン剤や循環改善剤を投与し、経過を観察します。
それでも難聴の度合いが改善しない場合、もしくは症状が悪化する場合には、内服ステロイド薬やビタミン剤や循環回復治療を行ない、状況に応じてプロスタンディン点滴治療も行います。

「聞こえが悪い」を症状として訴える病気は他にも以下のようなものがあります。
中耳炎 外耳炎 耳鳴り 耳垢

「耳鳴り」を症状として訴える病気は他にも以下のようなものがあります。
耳鳴り

「耳が詰まった感じ」を症状として訴える病気は他にも以下のようなものがあります。
中耳炎 外耳炎 耳垢

「補聴器の相談」を悩みとしている方は他にも以下のような疾患の疑いがあります。
耳鳴り

診察時間のご案内

診察時間のご案内

診察予約について

インターネットからの順番予約はこちらから

インターネットからの順番予約はこちらから

一般問診票(PDF) 花粉症問診票(PDF) めまい問診票(PDF)

ご来院の際に、右の問診票をダウンロードし、ご記入の上お持ちいただきますと、待ち時間が短縮されます。

一般問診票(PDF) 花粉症問診票(PDF) めまい問診票(PDF)

※PDF形式の文書をご覧いただくには、Adobe® Reader® プラグイン(無料)が必要です。お持ちでない方はこちらから入手できます。