メニュー

花粉光環は悪魔の輪!はじめよう花粉症対策

[2024.03.06]

三重県四日市市の足立耳鼻咽喉科がお届けする健康ブログです。当ブログでは耳鼻咽喉科領域に限らず、もう少し広い視野でより快適に生活できる情報を発信します。また流行りの健康情報ではなく、基本に忠実な情報をお届けしたいと思っています。末永く宜しくお願い致します。
(専門外の病気についての詳細は、各専門科でお尋ねください)


こんにちは、健康ブログ副編集長です。入職して2ヶ月が経ちましたが、やっと少し慣れてきて現場の人の名前も覚えてきました。

耳鼻咽喉科ですので、毎日花粉予測を見るようになりましたがしかし、「こんなにたくさん花粉症の人で悩んでいる人がいるんだ」ととても驚いてます。

私は運がいいことに花粉症ではないので、全くこの時期は病院にお世話になることがないため、ほんとに野戦病院と化している耳鼻咽喉科にびっくり仰天でした。スギ花粉症って、実は光で飛び始めたかどうか判断できるって知っていましたか??「花粉光環」(かふんこうかん)と言う現象について書いていこうと思います。

本日のテーマは、

「花粉光環は悪魔の輪!はじめよう花粉症対策」

スギ花粉について

スギ花粉とは


そもそもスギ花粉がなぜこんなに飛ぶようになったのかといえば、戦争中や戦後物資の不足や復興の為に燃料や木材として使用された結果、日本中の山で気が少なくなり、人工林として植えられました。特に加工しやすいスギは全国の約18%をしめています。スギは花粉を風で運んでもらい受粉させる植物なのです。
一つの花から約40万個の花粉が飛ぶと言われています。
全国の分布としては、本州や四国、九州に広く分布しており、逆に北海道では南の地域の一部しかスギはなく花粉症の問題は少ないようです。

スギ花粉が飛び始める時期


花粉はその前年の夏が暑く、暖冬だと飛散が早まり量も増えると言われていますが、スギは一般的には2月中旬3月中下旬くらいまでがピークとされております。
油断してはいけません、少ないですが10月からすでに飛び始めており敏感な人は苦しめられていることでしょう。

花粉症の悪魔の輪「花粉光環」


花粉光環とは読んで字のごとく、花粉によって作られる光の輪のことです。太陽の光の周りに花粉が浮遊し、

私達が障害物(建物など)越しに太陽を見ると虹色の輪が見えるというわけです。
TVやインターネットで花粉情報などを検索すると、花粉光環を観測して花粉の飛散量などが多いと判断しているようです。

花粉が飛び始める前に出来る3つ対策


花粉は通常2月の中下旬から飛散しはじめ、3月にピークを迎えます。耳鼻咽喉科として、花粉光環が出る前にできる3つの花粉症対策をお教えします。

早期にお薬を飲んで症状を軽く!花粉症の初期療法


花粉症の初期療法は超簡単に説明すると、花粉がピークを迎える前に薬を飲んでしまうことです。
実は花粉症のお薬は効果が出るまでに時間がかかります。もし悪化が進んでしまうと、薬の効果が弱くなる可能性もあるため、花粉が本格的に飛び始める
2週間前に飲み始めるが最も有効とされております。お薬を選ぶ際はお近くのクリニックに相談することで、より効果的な対策が打てますよ!

一番オススメ簡単「舌下免疫療法」

 

なんて読むの??って思われる人がまだ多数いらっしゃると思いますが、

「ぜっかめんえきりょうほう」と言います。怖い治療なのかな?

舌の下になにか手術でもするのでは?など思い浮かぶかもしれませんが至ってシンプル舌の下の部分にラムネをおいて、溶かすだけ。以上です。

しかも、舌下免疫療法で体質改善した結果「花粉症が治る」可能性があります。
もう一度言います、

舌下免疫療法は症状を緩和させるだけでなく、「花粉症が治る」可能性があるのです。
データでは約7-8割の方に効果があり、うち約3割が薬の必要なくなったというエビデンスがあります。
ただ、最低3年続ける必要があります。長い人は5年継続することが一番つらいかもしれません。長い、果てしなく長いと思われた方もいるでしょうがそういった人はオススメしません。ちなみに、保険適用されますし、1ヶ月分処方することも可能です。一度近くのクリニックに相談してみてください。

一発で1、2年症状を抑えるレーザー治療


またまた怖い名前が出てきましたね。まぁ、これは実際にレーザーを鼻の中に当てる治療です。

もちろん麻酔をかけてする治療なので、痛みは少ない治療方法で、手術は30分~1時間程度(クリニックによる)で終わる治療です。金額は3割負担で1万円程度(クリニックによる)かかりますが、

レーザーをすることで、1~2年程度持つと言われています。ただし効果のない人も2割程度いるそうなので要注意!!

まとめ


花粉光環が出ると花粉が多い・・・花粉症の方は恐怖のシーズンですね。今病院も超繁忙期を迎えております。でも医療は進化しており色々な治療法があるみたいですね。私は注射や怖そうな治療が大嫌いなので、対策としてもしするとしたら舌下免疫療法ですかね?ただし、人によって効果も違いますし、得意なことも違うと思います。お仕事をしていると、病院行く暇も少ない方も大勢いると思いますし、花粉症くらいでと会社の人に言われることもあるかと思います。
ただ、苦しみを少しでも軽く出来ればと当院一同心から思っております。


それでは、また今度。

--------------------------------------

◇ 編集後記

最近薬の名前を覚えてきたのですが、それでもめちゃくちゃ覚えにくいと思っております。モンテルカスト、プランルカスト、フェキソフェナジン、ベポスタチン、オロパタジン・・・チンやらジンやら多すぎる。点と丸の「バ」なのか「パ」なのかよく見ないとわからない。など医療業界に飛び込んで改めて難しいなと思いました。
でも、薬の効果などは覚えてきておりますので、細かい名前も大事ですがどういったものか理解できるようになったのは前進した証拠だと思います。
これからも、毎日挑戦者のつもりで仕事をしていきたいと思います。

---------------------------------------

☆ ”いびき”が気になる方、ご家族に指摘された方は一度検査した方がいいかも?

【 CPAP(シーパップ)治療 】なら”いびき”に隠れた病気=「睡眠時無呼吸症群」を改善できます!

-----

☆ 花粉症撲滅に挑戦する!花粉症の方、必見!つらいアレルギー性鼻炎の対策を様々なご存知ですか?

(1)【シーズン直前の対策!】「初期療法」は定番中の定番! 1月下旬頃から花粉症の薬を飲み始める治療法で、シンプルですが効き目大! 

(2)【重症の方へ!】花粉症重症の方に大朗報!速効性と効果を兼ね備えた「ゾレア注」をご存知ですか? 

(3)【花粉シーズンへの備え】即効性なら、「レーザー治療」! 今年は6月頃から再開します。 

(4)【花粉症が治る!?】成功者続出の「舌下免疫療法」! 今年6月以降に再開致します。

------


専門医がお勧めする効果的な治療法ばかりです。詳しくは各ホームページ記事をご覧頂くか、事務スタッフにお問合せ下さい。

足立耳鼻咽喉科は「アレルギー性鼻炎」のトータルケアクリニックを目指しています。

足立耳鼻咽喉科 公式YouTube始めました!
病気や治療の情報はもちろん、プロ監修の美容や健康情報も合わせて発信しています。チャンネル登録を是非お願いします。


---------------------------------------

<当ブログ記事に関しての注意>

・当ブログ記事は健康全般についての情報発信を行っております。専門外に関する記事もございますので、当院に連絡を頂いてもお答え出来ない場合がございます。詳細は専門の医療機関にてお尋ね下さい。

・また当サイトの記事は、健康を保証するものではございません。ご理解・ご了承下さいます様お願い申し上げます。

---------------------------------------------

「 安心・安全で人に優しいクリニックをつくり、地域社会に幸せの循環を創る 」


1.足立耳鼻咽喉科 四日市本院:三重県四日市市羽津山7-8

2.足立耳鼻咽喉科 伏見クリニック:愛知県名古屋市中区栄1丁目2-3 プラウドタワー名古屋栄2F

----------------------------------------------

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME