三重県四日市市の耳鼻科なら足立耳鼻咽喉科 花粉症 中耳炎 副鼻腔炎 めまい

足立耳鼻咽喉科 耳鼻咽喉科・アレルギー科・頭頸部外科 メインビジュアル
HOME > 治療のご案内 > めまい

治療のご案内

めまい

症状

めまいには下記の3種類があります

  1. ぐるぐるとまわっているように感じる回転性のめまい(回転性めまい)
    回転性のめまいの場合には、めまいと同時に耳鳴りが起きる場合があります。また、気分が悪くなるために吐き気や嘔吐を伴うこともあります。回転性めまいは三半規管が何らかの原因で正常に機能しなくなることによって起こることが多いのですが、絶対ではありません。
    回転性めまいの代表的な病名として良性発作性頭位めまい症、メニエール病、前庭神経炎などが挙げられます。
  2. ふわふわとする浮遊性のめまい(浮遊性めまい)
    浮遊性めまいは同時に吐き気、呼吸が苦しく感じる、動悸、飲み込みづらい、ろれつが回らない、体の片方にしびれがある、高血圧または低血圧などの症状が出ることもあります。浮遊性めまいは脳幹や小脳の機能が何らかの原因で低下していたり、病気になっていることで起こります。自律神経失調症やうつ病でもこのようなめまいを起こす場合もあります。
    浮遊性めまいには脳腫瘍・脳梗塞によるめまいといった命にかかわる病気もあります。
  3. 眼の前がまっくらになり、意識を失いそうになるめまい(眼前暗黒感)
    眼前暗黒感めまいとは目の前が真っ暗になり意識を失いそうになって起こります。脳が虚血状態になることで起き、立ちくらみなどのときにおきます。ひどい時は脳の虚血状態が続き、失神してしまうこともあります。原因は疲労により、脳に血液を送る機能が低下することで起こります。飲酒やアレルギーのショックにより起こることもあれば、心臓病や自律神経失調症、貧血、胃・十二指腸潰瘍といった疾患により起こる場合もあります。

治療法

めまいは上記3つのめまいが混合して起こる場合もあれば、1種類だけの場合もあります。上記の自覚症状と病名の分類は、分かりやすく言えば、の話であり、必ずしも絶対的なものではありませんので、ご注意ください。確定診断のためには検査・診察が必要です。回転性めまいの場合も小脳の異常の場合もありますし、その逆の場合もあります。そのため、脳梗塞や脳腫瘍を原因としためまいが疑われる場合には神経内科・脳外科への受診を薦めることもありますので、原因を特定するためにもまずはお近くの耳鼻咽喉科専門医にて検査を受けてください。
その検査結果に基づいて、各々のめまいの原因となっている疾患の治療を医師の診断の下、治療していきます。

診察時間のご案内

診察時間のご案内

診察予約について

インターネットからの順番予約はこちらから

インターネットからの順番予約はこちらから

一般問診票(PDF) 花粉症問診票(PDF) めまい問診票(PDF)

ご来院の際に、右の問診票をダウンロードし、ご記入の上お持ちいただきますと、待ち時間が短縮されます。

一般問診票(PDF) 花粉症問診票(PDF) めまい問診票(PDF)

※PDF形式の文書をご覧いただくには、Adobe® Reader® プラグイン(無料)が必要です。お持ちでない方はこちらから入手できます。