メニュー

新型コロナウィルス 感染対策 について

医療機関、特に耳鼻咽喉科や小児科などは来院することによる「感染」が非常に心配されています。
ただでさえ人の多く集まるところは避けたいのに、熱の高い方が集まりやすい科目である耳鼻科などは敬遠したくなるお気持ちは、よくわかります。

しかし生意気なことを申し上げれば、私たちは医療のプロフェッショナル集団です。
病気の怖さ、実態、そして感染対策や予防に関しては、しっかりとした知識とスキルを身に着けていると自負しています。
他の医療機関と大きく違う点はございませんが、基本に忠実に、確実に怠らずに実施しております。

ここでは私たちが取り組んでいる「感染対策」をご紹介させて頂きたいと思います。

新型コロナウィルス 感染対策 ①

飛沫感染予防~マスク着用の徹底化

  • 基本中の基本ですが、飛沫感染を防ぐのには非常に有効な対応です。正しい装着方法で常に装着します。

新型コロナウィルス 感染対策 ②

アルコールによる手指・院内消毒、石けんでの手洗いの徹底

  • 有効性の明確な成分による消毒を実施。
  • 院内設備(医療器具、機器、ドアの持ち手、椅子など)のアルコール消毒も実施
  • 雑誌、おもちゃなどは撤去

新型コロナウィルス 感染対策 ③

受付カウンターのシールド、全員検温の実施

  • 受付カウンターの飛沫防止シールド(透明フィルム)設置
  • 来院される患者さん全員に、手指消毒と検温(非接触式体温計)をお願いしております。

新型コロナウィルス 感染対策 ④

待合室の密集度合いを下げる

  • 椅子の間隔を空けて、適切な距離を保ちます。
  • ソファーも一定間隔を空けております。
  • 中待合室への呼び込みも、間隔を空けてお呼びします。

新型コロナウィルス 感染対策 ⑤

換気の徹底

  • 換気は10~15分で空気の入れ替えが完了するとの研究に基き、朝・昼・夕に加えて、患者さんの混み具合などを考慮しながら、不定期で換気を行っております。
  • ただし夏の暑い時期や冬の寒い時期などは、気温を見ながら調整します。
  • 待合室、中待合室、診察室、処置室、検査部屋、通路はもちろん、スタッフ更衣室なども抜かりなく実施。
  • 24時間換気システムにて、常に院内の空気は循環させております。

新型コロナウィルス 感染対策 ⑥

熱の高い患者さんの車中診察

  • 熱の高い患者さんには極力事前にお電話を頂戴し、車中診察を実施して院内に入らずに診察~お会計までが終わるよう仕組化しています。
  • 来院後でも、極力院内滞在時間を短くして車中診察をお勧めしています。

新型肺炎ウィルス 感染対策 ⑦

コロナ関連の勉強会を定例化

  • コロナ関連の最新情報を知っておく為に、メディアの情報ばかりではなく医師が入手できる情報を全員が共有。
  • 時々、スタッフブログなどで情報発信も行っております。

まとめ

開業医として考えられる範囲、出来る範囲精一杯での感染防止対策を講じております。
私たちの基本スタンスは、

  • いたずらに何でも怖がるのではなく
  • 正しい知識を身に着けて、正しく恐れて、
  • 賢く冷静に対処する

ということを心がけております。

ご心配なさらずに、病気の治療にいらして頂きたいと思います。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME