メニュー

ブログ

『 健康ブログ~花粉症の方、必見!? 今月までしか出来ない治療法をお知らせします!』(2021.11.15更新)

三重県四日市市の足立耳鼻咽喉科がお届けする健康ブログです。本職は耳鼻咽喉科領域の治療を専門としていますが、当ブログではもう少し広い視野で、より快適に生活できる情報を発信します。流行りの健康情報ではなく、基本に忠実な情報を書きたいと思っています。宜しくお願い致します。

こんにちは、健康ブログ編集長です。気温が下がってきましたが、風邪などで体調を崩していませんか? 感染症も増えてきますので、しっかり体調管理をなさって下さい。そんな中ですが、今年中、いや今月中にしておくと良いことをお話致します。

本日のテーマは、

『来春の花粉症対策!今しか出来ない治療法を、改めてご紹介します!』

健康ブログは毎週月曜日発行で、本日は11月15日(月)。もう年末も近くなってきましたが、当クリニックにおいてもいよいよ締め切りが近づき、皆様に最終お知らせをしないといけないことがございます。

「え、何々?インフルエンザワクチンの予約締切?追加が入ったとか?」

「年末休みはまだだし、何だろう?」

「免疫アップ注射の原料が、また入手困難なの?」

このように疑問と疑惑が?頭を占領したかも知れませんが、どれも違います。本日は後でやっておけば良かったと後悔しないように、来シーズンの花粉症対策をご案内をさせて頂きます。

1.レーザー治療

渡り鳥のように毎年必ずやってくる病気はいくつかありますが、そのひとつが「花粉症」ですね。昨シーズンはスギ花粉の飛散量も多く、なかなか強力なシーズンでした。気になる今年ですが、事前の情報によりますとかなりの飛散量になるとの事。花粉予測はまた違う回でお知らせしますが、少し覚悟して頂かなくてはならないようです。

毎年思うことですが、花粉症対策は実はシーズン前から始まっています。というかシーズン前に準備しておいたことで、その年の花粉症に対する調子や日常生活が大きく変わってくるのです。

「そんな大袈裟な!花粉が飛び出してからでいいじゃん!」

強烈な反論の嵐が聞こえてきますし、大部分の方はそうだと思います。私もそうですが、人間は事が差し迫ってからでないと動かない特性を持っていますからね。でも事前対策をきちんとしておけば、あの憂鬱なシーズンを少しでも快適に過ごせるとしたらどうしますか?

はい、その一つ目がレーザー治療。治療のイメージは大体想像して頂けると思いますが、簡単に申し上げますと、花粉に反応する部分をレーザーで焼く手術です。焼いた細胞はまた再生してきますので、効果は長くは続きませんが即効性があります。これにより1年~2年は(個人差あり)快適に過ごすことが出来ます。詳しくは専門ページをご覧くださいね。

言い換えれば短期即効型の花粉症対策ですので、早く楽になりたい!と思う方は、向いていると思います。基本的に年内で終了ですので、お急ぎ下さい。但し年内と言えども、治療には術前術後で数回診察を受けて頂くことになりますので、お早目の受診をお勧め致します。

2.舌下免疫療法

当クリニックのホームページ内、医院の掲示物などでも何度もご案内しておりますが、まさに花粉症を根本的に治すことが出来るかもしれないという興味深い治療法です。

「もう治らないと諦めていた花粉症が治るなんて・・・」

実際に治療を受けて頂いた方の声ですが、不安と疑問、期待が渦巻きますね。でもこれは大袈裟でもなんでもなく事実なのです。詳しくは専門解説ページをご覧頂きたいのですが、レーザー治療とは違い、根本的に解決することが期待されています。
作用の仕組みを簡単に申し上げますと、スギ花粉のエキスを体内に取り込むことで免疫を作ってしまおうという治療法。今まではスギ花粉が体内に入ると、体は異物として抗原抗体反応を起こして防衛しようとしていました。その結果でくしゃみや鼻水、鼻づまりなどが起こってしまうのですが、異物とみなさなければそういう反応も起こらなくなり、辛い症状も出なくなるのです。

良いことばかり申しましたが、この治療法には根気が必要なのです。スギ花粉のエキス(錠剤)を3年~5年飲み続けなくてはなりません。

「え、5年? 飽き症の私にはとても無理だ・・・・」

そうですね、知ってますよ(笑)。でもご安心下さい、治療を始められて副作用以外の原因で途中で止めてしまった方はあまり見えません。始める前に舌下免疫療法について充分理解して頂き、それでも花粉症を治したいという気持ちさえあれば必ず出来ます。

ただ100%効くわけではなく有効率は約70%くらいですし、副作用も低い確率ながらございます。そのあたりも知っておく必要がありますので、詳しくは医師、スタッフにお聞き下さい。

まだ迷われている方も多いと思いますが、先日私が処置室を通りかかった時、お父さんとお子さんがこんな会話をしていました。

父「舌下免疫療法かあ・・・。どうする?やってみる?」

子「うん・・・(わからない様子)」

父「確かに迷うけど、もし治ったらもう苦しまなくていいからね。そうだね・・・やってみようか!」

良いお父さんです(笑)。いや冗談ではなく、これからの長い人生をずっと花粉症で苦労するのか、ここでチャレンジして人生を変えるのかという選択の時に、良い導きをしてもらったんじゃないかと思います。そしてそのお手伝いが出来ることが、私たちは何よりも嬉しいです。

そして最も大事な話ですが、今年の舌下免疫療法は11月末で終了致します。

「11月末かあ・・・、え、もうすぐじゃない?もっと早く言ってよ!」

スミマセン、ホームページでは何度も・・・、いや弁解しません。遅くなりましたが、この記事をよまれたらすぐにご相談下さい。

まとめ

本日は来シーズンの花粉症対策の大きな柱「レーザー治療」「舌下免疫療法」のお話をさせて頂きました。説明が未熟でご理解頂けなかった部分も多いと思いますので、是非ホームページ内の専門ページも併せてお読み頂き、ご検討下さい。

私ももう数十年花粉症と付き合ってきました。こんな良い治療法があったのなら、もっと早くやっておけばと後悔しています。でも当時は知らなかったのです。何事もそうですが、知識があるのと無いのとでは大きな差が生まれてきます。足立耳鼻咽喉科に来て頂いている方、来院したことはないがホームページは時々ご覧頂く方には、正しい知識を身に着けて頂ければ幸いです。

来シーズンの花粉症は厳しくなりそうですが、早めの効果的な対策を講じておけば必ず良い結果が得られると考えます。また情報をお伝えしていきますので、当ブログも是非宜しくお願い致します。

それではまた来週!

 


--------------------------------------
◇ 編集後記

何事も絶対というものはなく、メリットやデメリットがあります。それを知った上でどちらかを選択していくことが生きていく上では求められます。
レーザー治療をすべきか、舌下免疫療法に挑戦すべきか迷うと思いますので、是非ご相談下さい。

話は変わりますが、私はモノ系の雑誌を見るのが大好きです。実際買う訳ではないのですが、こんなモノが考えだされて、売られているなんてといつも感激します。特に日本の製品は痒いところに手が届き、その上優しくかいてナデナデしてくれる?ようなモノが多い。日本人の細やかさを再発見した感じです。

 

---------------------------------------

コロナ感染が拡大していますが、マスク・手洗い・アルコール消毒・3密対策は忘れずにお願いします。


☆ 花粉症の方!つらいアレルギー性鼻炎の対策を打っておきましょう。

 
 ・【始めるなら今です!】根本的に治る可能性大! 舌下免疫療法を始めてみませんか? 

 ・【締切、間近です!】即効性なら、レーザー治療です!  

 ・初期療法!転ばぬ先の杖です。1月下旬頃から花粉症の薬を飲み始める治療法で、シンプルですが効き目大! 

 ・通院が難しい方、コロナ感染が心配な方、オンライン診療を考えてみませんか? 

繰り返しますが、「舌下免疫療法」「レーザー治療」は花粉が飛び始める前にやっておかなくてはなりません。詳しくはスタッフにお問合せ下さい。


---------------------------------------------

「 安心・安全で人に優しいクリニックをつくり、地域社会に幸せの循環を創る 」

1、足立耳鼻咽喉科 四日市本院:三重県四日市市羽津山7-8

2.足立耳鼻咽喉科 伏見クリニック:愛知県名古屋市中区栄1丁目2-3 プラウドタワー名古屋栄2F


----------------------------------------------

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME