メニュー

ブログ

『 健康ブログ~コロナ治療最前線 』(2021.10.25更新)

三重県四日市市の足立耳鼻咽喉科がお届けする健康ブログです。本職は耳鼻咽喉科領域の治療を専門としていますが、当ブログではもう少し広い視野で、より快適に生活できる情報を発信します。流行りの健康情報ではなく、基本に忠実な情報を書きたいと思っています。宜しくお願い致します。


こんにちは、健康ブログ編集長です。コロナ緊急事態宣言は一旦なくなりましたが、まさか油断してないでしょうね(笑)。マスクを外して外出したり、密な屋内で長時間おしゃべりしてませんか?まだまだ油断は禁物、戦いは道半ばですので、気を引き締めて生活していきましょうね。

本日のテーマは、

「コロナ治療、最新情報のまとめ」

コロナ感染も収束傾向になり、また自粛生活もちょっと解放されて、ほっとひと安心している方も多いと思います。それもこれも、原因ははっきりわからない感染数の減少と、ワクチン接種が進んだことが要因でしょう。

ワクチンについてはいろいろな論議を呼んでいますが、どれも本当かフェイクかわからないという状況ですね。結局不安を煽ったり、ワクチンに対する疑いを持つことに繋がりますので、冷静に今出来ることを選択していくしか私たちには出来ません。そんな不安な中、今日は最新のワクチンの開発、治療薬の動きなどをお伝えしていこうと思います。

ワクチンの開発状況

世界的にはファイザー、モデルナが主流で、他にも中国製や新興国も開発を進めているようです。国産ワクチンが待たれていますので、気になる日本においての状況を紹介致します。

  1. 第一三共
    2022年中に発売予定だそうです。現在コロナワクチンの主流となっている「mRNA」型ですが、冷凍保存ではなく冷蔵搬送が可能な点がメリットのようです。
  2. 塩野義製薬
    22年3月頃発売予定。もう間もなくです!mRNAワクチンではなく、「遺伝子組み換えタンパクワクチン」です。mRNAワクチンは遺伝子情報そのものを投与し、体内にて抗原タンパクを合成させるタイプですが、その効果と安全性を基に承認・実用化されている確立された技術です。ただデメリットは抗原発現や精製に一定の開発期間がかかります。
  3. KMバイオロジクス
    2022年度中に発売予定。このワクチンだけが”不活化(ふかつか)ワクチン”です。不活化ワクチンとはウィルスの毒性をなくして作ったワクチンのことです。3月から200人強の治験を始めていますが、効果や安全性は良かったとのこと。安心感が高そうですね。
  4. アンジェス
    現在、臨床治験中。ちょっと時間がかかりそうです。
  5. VLPセラピューティクスジャパン(販売は富士フィルム)
    レプリコンワクチン(レプリカ=複製)と呼ばれ、2022年中の発売を目指しています。mRNAワクチンですが、特徴はファイザー製の1/10~1/100の濃度で有効性があるとのことですので、安心感が高そうです。

ワクチンに関しては以上となります。何にせよ、有効性と安全性のバランスの良いワクチンが登場すれば、安心感も増して若者など接種を拒否する人も接種できますしね。

治療薬

現在、点滴静注の治療薬は出ていますが、点滴すのでハードルが高く、医療の手をわずらわせることにも繋がります。内服剤の登場が待ち望まれていましたが、未だ正式に認められた内服剤はありません。しかし、遂に待望の新薬が発売されます。

  1. メルク社「モハヌピラビル」
    日本は少し遅れそうですが、メルク社の「モハヌピラビル」です。アビガンと同じRNAポリメラーゼ阻害剤と呼ばれています(RNAポリメラーゼとは、ウィルスの酵素を阻害して増殖をタンパク質の設計図は遺伝子DNAに存在します。遺伝子DNAに書かれたタンパク質の情報はいったんmRNAに転写された後に、リボソームによってアミノ酸へと翻訳されタンパク質ができます。ここでDNAからmRNAへの転写を行うのがRNAポリメラーゼです)。かなりややこしいですが、ウィルスの増殖に重要な作用を占めると覚えておきましょう。
  2. 塩野義製薬 品名不明
    2022年3月頃に発売予定で、3CLプロテアーゼ阻害剤というカテゴリーになります。

ややこしい名前はともかくとして、内服剤であれば外来でも処方可能ですので対象はかなり広がります。ワクチン同様、有効で安全な薬剤であると良いですね。

まとめ

まだまだ感染も注意しなければいけませんし、後遺症なども非常に怖いですね。ただ何も打つ手がなかった頃とは違って希望が出てきましたし、何より内服の治療薬が発売されることは大変嬉しいですね。

早くインフルエンザのように共存できる状態になると、生活が戻ってくるんですが・・・。もちろんインフルエンザでも毎年数千人の方がなくなっておられますし、感染対策はしっかり継続するべきです。でも希望が灯ったことも事実

それでは、また来週!


--------------------------------------
◇ 編集後記

少しは明るい気持ちになってもらえましたでしょうか? こういう時って閉塞感でつぶされそうになりますので、希望が必要ですね。人類の英知を信じています。

私の話で恐縮ですが、料理が出来そう!とよく言われます。ハッハッハ、知らないな、玉子焼きとチャーハン、あと数種類しかレパートリーがないことを(笑)。
弁当を作るようになって料理に興味が出てきましたが、何事も出来るようになると嬉しいものです。もっともっと上手になって、イメージに追いつきたいなあ。

明日の弁当メニューは、え~と新メニューに挑戦!は止めて、鉄板の玉子焼きにしよう!

 

---------------------------------------

コロナ感染が拡大していますが、マスク・手洗い・アルコール消毒・3密対策は忘れずにお願いします。


☆ 花粉症の方!つらいアレルギー性鼻炎の対策を打っておきましょう。

 ・初期療法!転ばぬ先の杖です。1月下旬頃から花粉症の薬を飲み始める治療法で、シンプルですが効き目大! 

 ・根本的に治る可能性大! 舌下免疫療法を始めてみませんか? 

 ・即効性なら、レーザー治療です!  

 ・通院が難しい方、コロナ感染が心配な方、オンライン診療を考えてみませんか? 


---------------------------------------------

「 安心・安全で人に優しいクリニックをつくり、地域社会に幸せの循環を創る 」

1、足立耳鼻咽喉科 四日市本院:三重県四日市市羽津山7-8

2.足立耳鼻咽喉科 伏見クリニック:愛知県名古屋市中区栄1丁目2-3 プラウドタワー名古屋栄2F

----------------------------------------------

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME